×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株とFXのセミリタイア戦略
あなたの給料あがってます?もう会社に頼るのやめませんか?

 

投資しよう★株とFXのセミリタイア戦略HOME >> 証券会社に口座を開く >> 信用取引で選ぶ

信用取引で選ぶ


信用取引をするにあたり、注意しておくべきことが
金利です。

貸借取引金利の引き上げを受け、今年の夏以降、楽天証券を除く大手各社は一般信用取引の金利をアップさせました。

というのは、信用取引のコストは、手数料以上に金利の負担に注意する必要があるのです。

信用取引は、取引の金額に応じた利息を支払わなければなりません。そのため、取引金額が大きかったり、保有期間が長かったりすると、利息の負担が大幅に増えてしまうことになるのです。

また、金利は取引のない土日や祝日も含めて日割りで加算されるので、手数料が安くても金利の高いところは帰って割高になってしまうケースがあるので、注意が必要です。






証券会社の選び方
取引ごとの料金で選ぶ
定額制の料金で選ぶ
信用取引の料金で選ぶ
特殊注文ができる証券会社で選ぶ
IPOで選ぶ
操作性で選ぶ


   
投資しよう!★株とFXのセミリタイア戦略 TOPへ