×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株とFXのセミリタイア戦略
あなたの給料あがってます?もう会社に頼るのやめませんか?
投資しよう★株とFXのセミリタイア戦略HOME > 用語集(インデックス) > ボリジャーバンド

株とFXのセミリタイア戦略★用語集

ボリジャーバンド(ぼりじゃーばんど)


ボリジャーバンドは、移動平均線と標準偏差(±1σ・±2σ)で構成される。
標準偏差とは、平均値から、どの程度の隔たりがあるかである。それを計算して、普段、見ているチャート上に表したのが、ボリジャーバンドとなる。
具体的には、値幅が大きくなれば、標準偏差は大きくなり、逆に値幅が小さければ、標準偏差は小さくなる。

株価先物取引では、その値段)は、ボリジャーバンドの±2σに、ほぼ収まるといわれている。(100%ではないが。)

よって、実際の投資判断は、+2σであれば、「売りシグナル」、−2σであれば「買いシグナル」と判断することができる。±1σでも、出動するトレーダーもいるが、±2σの方が、シグナル的には強い。





初心者でも、驚異の成功率で簡単に稼げる投資法


投資しよう!★株とFXのセミリタイア戦略 TOPへ